専業主婦カードローンの注意点

専業主婦カードローンを利用する前に考える事

専業主婦のカードローンの利用のきっかけの多くは生活費の補填のために利用を検討ということですが、利用をする前に本当に必要なものであるのか、改めて考えてみるという癖をつけましょう。もしかすると、生活費のどこかで工面をする事ができる可能性も多く秘めているからです。

専業主婦のカードローンを利用する方の多くは家計を任せられている方が多いでしょう。そのため、お金の流れも一番理解しやすい状況にあるはずです。お金を借りる事は簡単にできるかもしれませんが、返済とするとなると生活費から出していかなければなりません。

そうすると、生活費が足りなくて借りたのに、返せるお金が捻出できるでしょうか?専業主婦のカードローンの多くはそれほど大きな限度額での設定ではないことがほとんどです。しかし、小額といっても借りたお金ですからきちんと返せることを前提にしておかなければなりません。

特にお金に関わる返済の期日はとてもシビアです。毎回数日遅れての返済でも、もしかすると信用度が低く情報に登録されているかもしれません。そうなると、いざ、本当に必要になる子供のためのローンや住宅ローンの申込みに大変や不利を被ることとなります。

安易にカードローンの利用を考える前に、自分の家の家計の流れについて見直しをし、不必要な出費が重なっていないか、よく確認をすることで借金をしなくても良い場合もあるのです。特に生活費が毎回足りない方はよく見極める事が必要でしょう。

返済が難しいときは

専業主婦のカードローンを利用したからには、期日どおりに返済をしていかなければなりません。しかし、長い期間の返済であればどこかで何らかのトラブルも考えられる場合もあり、計画通りに返済が行なえないという事もあるでしょう。

自分の急な病気はもちろん、家族の介護などで今までフルタイムで働いていたのに、時間を減らして働く事になってしまった。もしくは就労が難しくなって今までの収入が期待できなくなってしまったので、返済に充てるお金が難しくなったというケースも考えられます。

ここで一番危険なことは、借金を借金で返済してはいけないということです。特に、一般的な専業主婦のカードローンでは借入が難しいからと闇金融業者に駆け込むのだけは避けて下さい。自分ひとりで抱え込まずに、まずは形振り構わず家族に相談をすることです。

家族の協力も得ながら生活費の見直しを行ない、返済金が捻出できないかを検討することです。また、普段使用していない自家用車などがあれば手放す勇気も必要です。 もしも専業専業主婦の方であれば、これを機会に短時間パートなどを検討しましょう。

やはり、減った家計は何らかの方法で増やす必要があります。家族の事情で働けない部分もありますが、出来る限りの可能性を模索しましょう。それでも専業主婦のカードローンの支払が難しい場合は返済について業者や弁護士へ相談をすると月々の軽減や猶予の可能性もありますので、諦めずに行動を起こしていきましょう。

専業主婦カードローンは計画性の利用を

専業主婦のカードローンはもちろん、他のローンやキャッシングでもそうなのですが、お金を借りたら返済はしっかりと計画性を持って実行することです。

ただ単に、今月は足りないから数万円借りようとして利用をすると、どんどんと借入額が増えてしまい最後には誤魔化しのきかない状況となってしまいます。そうなると、信用問題にも関わってきますので、しっかりと計画性を持って生活をしなければなりません。

それでは、実際に専業主婦のカードローンを利用している方ではどのように返済に計画を持って行なっているのでしょうか。アンケートを取ってみると、やはり多くの方は自分なりに目標や何かしらのルールを持って返済を行なっています。

わかりやすいものとしては、自分なりに利用限度額を決めている、返済完了期日を明確化させていることが多いようです。また、月々の返済金額をしっかりと決めて遂行する、ボーナスなどの収入時には繰り上げて○万円返すといった決め方をされている方もいます。

専業主婦のカードローンを利用されている方は多くが生活費から捻出し、細々と返済をされている方が多いかもしれませんが毎月しっかりとしたルールを作りコツコツを返済することが、完済への一番の近道とも言えるでしょう。

そのためには、追加の借りいれを行なわず返済一本となるよう家計の見直しも非常に重要です。良い機会ですから、ぜひ自分の家の無駄な部分はないか改めて家計の流れを確認するのも良いですね。

闇金融の誘惑にかからないで

専業主婦のカードローンの利用で迷いがちなのは、チラシなどに書かれている金融業者などの甘い広告文句ですね。無収入の方でも借りられる、そして即日対応などの魅力的な宣伝に心が惹かれてしまいますが、この広告の多くは闇金融業者と呼ばれる違法な金融業者であり、同時に法外な利息を設定している事が多いのです。

しかし、ブラックリストの方でも利用ができると謳っていることもあるため、生活のために利用をする方もあとを絶ちません。闇金融業者のほとんどは暴力団関係者と繋がっており、その法外な利息は暴力団の運営資金となっているのです。

利息に関しても考えられないような高設定であるので、たとえ数万円の借入でもおそらく一生かかっても払えないくらいに膨れ上がってしまうでしょう。また、厳しい取り立ては違法行為としながらも、実際はどのように取り立てるのかは一般人では分からないところです。

専業主婦がカードローンの利用が出来ないからと利用しては、おそらく自分だけの問題ではなく家族へも多大な迷惑をかけることは必須です。 生活が苦しく、どこにも頼れないときは本当に救われる気持ちになりますが、不幸になることは目に見えています。

このような闇金融業者には手を出さず、困った時は家族と話し合う事が必要です。ちなみに、闇金融業者の中には専業主婦カードローンでも知られる業者によく似た会社名を名乗っているところもあります。勘違いをしやすいので十分注意をして下さい。

専業主婦カードローンが家族に知られるケース

専業主婦のカードローンはなるべくコッソリと、家族にも知られないようにして利用をしたいものですが、家族と同居をしている以上、何らかのタイミングで知られてしまう可能性も非常に高いものです。

しかし、専業主婦のカードローンの利用が本当にバレてしまうのかどうか、あらかじめそのような場面を理解しておくことで防ぐ事もできます。では、家族に知られてしまう場合とはどのような時でしょうか。

まずは、郵送物が自宅に届くというケースが比較的知られやすいキッカケをなってしまいます。しかし、最近では取引明細などのほとんどがインターネット上で見ることができるため、自宅に郵送物が来ることはほとんどありません。郵送で来るとしたらローンカードの送付でしょうか。

それでも発送元は会社名が分からないものであったり、銀行系であれば銀行名で来る事が多いので知られる可能性も低いでしょう。全く見られたくない場合は無人契約機での発行も行なっている業者を利用すると良いでしょう。

その他では返済が遅れてしまって連絡が来た時やカードの紛失で誰かに使用をされた時などです。そうなると、自分ひとりで処理をすることも難しくなってきますので、日ごろから返済管理やカードの管理には十分気をつけて専業主婦のカードローンを利用する事ですね。

また、盗難や返済のトラブルなどは最終的には家族との協力も必要となりますので、素直に話をして一緒に解決をしていくことも必要な場合もあります。

家族の協力で乗り切る事も

専業主婦の方のカードローンは自分のために利用をしたいというよりは、家族の生活のために利用をしたいと考える方の方が多いでしょう。しかし、生活費が足りないところでお金を借りて支払いに充てたとしても、根本的な解決にはなっていません。

どこかで収入を増やしていかなければならないのです。ではどうして行けば良いのか、そして専業主婦のカードローンの利用の多くは家族に知られるのも嫌だと考えている方も多いですが、必ずしも内緒にしておくことが得策とも言いにくいケースもあります。

まず、生活費が毎月足りない状況になるのはどうしてなのか、これは自分ひとりの問題ではなく家族みんなの問題でもあると思われます。例えば、光熱費や食費、交際費などは自分ひとりで節約ができるものではありません。

家族の理解と協力があって初めて実行が出来る部分でもあります。特に家計を専業主婦の方が担っていると、夫は家計の流れについて無頓着であり知らないことが多いようです。言われて初めて毎月足りないと知るケースが圧倒的のようですね。

収入ダウンによる赤字であれば夫の責任でもあります。その分の娯楽費や小遣いを減額するか、収入が増えるよう仕事を頑張って増やしていく事が必要となります。やってはいけないことは、生活水準を下げずに専業主婦のカードローンを利用する事です。これではいつまで経っても借りたお金の完済はできないでしょう。時には厳しく冷静に家計を見つめ、努力をすることも重要なのです。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ