キャッシングの申し込み方法について

キャッシングの申し込み方法について

キャッシングを利用するためには、キャッシングを提供している金融機関でキャッシングの申し込みをする必要がありますが、キャッシングを提供している金融機関と一言で言っても、銀行や消費者金融、クレジットカード会社など、現在では様々な金融機関がキャッシングを提供するようになっています。

それぞれの金融機関が提供しているキャッシングのメリットとデメリットを知って、自分がキャッシングを利用する目的などから総合的に考えて金融機関を選んで行きましょう。 ちなみに、キャッシングの申し込み方法というと金融機関の窓口に足を運んで直接申し込みをするか、窓口に置かれている郵送専用の申し込みを用紙に必要な情報を記入して郵送するなどの申し込み方法が一般的でした。 しかし、最近ではインターネットからの申し込みが可能になっており、これが非常に便利となっているため、インターネット環境とインターネットが使える端末を持っている人の多くはインターネットから申し込みをするようになっています。

インターネットから申し込みをする場合は、自分が受けたいと思っているキャッシングサービスを提供している金融機関のホームページにアクセスをして、専用の入力フォームに必要な情報を入力することで申し込みを進めていくことができます。 ただし、ブラウザ上に大事な情報を多く掲載することになるので、情報漏えいのリスクなども考えた上で利用を考えることが大事です。

キャッシングの利用条件と職業

キャッシングはサラ金と呼ばれていたように、一昔前まではサラリーマンを対象として行われていたローンサービスですが、最近ではキャッシングサービスのことをサラ金と呼ぶ人は減っており、この減っている理由には正社員として安定した収入があるサラリーマン以外にもキャッシングを利用する人が増えていることが影響しているとされています。

金融機関が提供しているキャッシングの申し込み要項を見てみると、ほとんどの金融機関で安定した収入がある人を対象としているのが分かるかと思いますが、安定した収入がある人を対象としているものの、正社員限定と記載されている場合やフリーター不可と記載されているケースは珍しくなっています。 このことからも分かるように就業形態が多様化していることから、正社員以外を対象としたキャッシングサービスも行うようになってきており、フリーターは派遣社員であっても一定の収入が確保されると判断されるとキャッシングが利用できる場合があります。

ただし、借り入れ金額には関しては収入から判断されることになるので、よほど収入が高くないと、借り入れができても100万円程度になる場合がほとんどなので、それ以上の借り入れが必要になる場合は、他のローンで考える必要があります。 また、主婦でもパートやアルバイトをして安定した収入があれば、キャッシングの対象となりますが、金融機関によっては安定した収入が無いと思われる専業主婦の借り入れも可能にしているところがあります。

キャッシングの審査

キャッシングを利用したい場合は、キャッシングを提供している金融機関の審査を受ける必要がありますが、この審査がキャッシング利用に関して重要なポイントになっており、金融機関によっても審査のポイントや対象は異なってきます。

特に自分が審査に不利な状態であると予想される場合は審査にクリアしないと他の金融機関での借り入れ難易度も上がってくるため、間違いない金融機関選びが重要となってきます。 キャッシングの審査は金融機関によって異なるので、細かいところに関しては一概に言うことはできませんが、大まかな基本的審査ポイントは金融機関によらず共通なので、共通項の部分だけでも事前に知って構えておきましょう。

キャッシング審査で重要なポイントになるのが、金融機関側から見た場合に貸したお金がきっちり返済されるかというところで、これの証拠や証明となるものが年収や月収となってきます。 収入が無いと借りたお金を返済することは当然ながら不可能なので、収入が無い無職のキャッシング利用は基本的に不可となっており、無職でも利用できると謳っている金融機関はヤミ金融の可能性が非常に高いため、間違えて利用しないように気を付ける必要があります。 また、金融機関によっては事前簡易審査と呼ばれる便利ツールをホームページ上に設置しているところがありますが、これを利用することによって事前に借り入れができる可能性を知ることができるので、申し込んで審査にクリアしないという状態になることを回避することができます。

キャッシングの借り入れ方法

キャッシングを利用したい場合は、キャッシングキャッシングを利用したい金融機関が決まって、申し込みの手続きを経て、審査を受けて無事審査にクリアするとようやくキャッシングの利用が可能になりますが、キャッシングの利用は基本的に自由借り入れと自由返済になっており、自分のペースで借り入れすることが可能になっています。

借り入れ上限金額内なら好きな時に好きな金額を借り入れることができるというものですが、借り入れ上限金額に関しては審査時に自分の収入やこれまでの借り入れ歴などから算出されるため、審査のお知らせのタイミングで借り入れ上限金額の通知も受けとることになります。 キャッシングの審査に通過すると、キャッシング利用に必要な専用のカードが金融機関から送付されることになりますが、この専用のカードが借り入れにおいて重要なカードになります。

銀行の場合は銀行が独自に持っているATMを利用することで、普通預金の預金を引き出すような感覚でお金を借り入れることができますが、借り入れの方法に関してはATM画面に表示されるカードローン取引という項目を選択するだけで、後は普通預金の引き出しと同じ要領で進めていくことができます。 消費者金融の場合は、消費者金融が持っているローンカード契約機を利用してお金を借り入れることができますが、規模の大きな消費者金融になると銀行と広く連携しているため、銀行のキャッシング利用と同じで銀行のATMを利用してお金を借り入れることが可能になっています。

キャッシングの返済方法

金融機関のキャッシングを利用する場合に、借り入れる場合は銀行の普通口座から預金を引き出すよう間隔で利用することが可能ですが、返済に関しても同じで借り入れが預金の引き出しとするなら返済はお金の預け入れと同じ感覚で返済することができます。

キャッシングの返済方法も借り入れの場合と同じで、好きな時に好きな金額を返済することができるので、まとまったお金が手元に入った場合は一気に完済することも可能ですが、借り入れと違って返済の場合は、毎月必ず返済しないといけない金額が設定されているため、この金額以上は毎月返済する必要があります。 この返済金額は借り入れ金額によって設定されているので、借り入れ金額に応じた返済が必要になりますが、これを忘れてしまうと金利が高くなると言うペナルティや手数料発生などのペナルティが発生することになるので、必ず毎月返済しないといけないお金は忘れないように返済しましょう。

また、遅延を繰り返していると信用情報にも傷が付いてしまい、他の金融機関のキャッシングを利用するために審査を受けようとしても審査にクリアしない場合もあるので、金融トラブルを引き起こさないためにも期日はきちんと守りましょう。 キャッシングを提供している金融機関によっては、返済期日が近づくとメールや電話でお知らせしてくれるところもあるので、返済に自信が無い場合はこのような金融機関のキャッシングサービスを利用すると良いでしょう。

非正規賃金業者の見分け方

キャッシングの利用で気を付けたいのが、非正規賃金業者と呼ばれるヤミ金融を利用しないことですが、ヤミ金融は消費者金融のような形態で活動しているところが多いため、ヤミ金融と知らないで利用してしまう人も多く、ヤミ金融に対しての規制が厳しくなったと言われている昨今の日本であってもヤミ金融による問題が多発しています。

非正規賃金業者と正規賃金業者の見分け方としては、きちんと賃金業者としての登録を受けているかということなので、気になる場合はホームページに記入されている賃金業者登録ナンバーを参考にして照会すると確実です。 ヤミ金融というと、怖い取り立てに加えて法外な金利の請求というイメージが定着していますが、最近のヤミ金融業者の中には怖い取り立てを行わず、法外な金利を請求しない業者も多く、昔に比べると消費者金融とヤミ金融の差異が分かりづらくなっています。 また、正規賃金業者として登録を受けている消費者金融であっても、法外な金利の請求をして脅迫まがいの取り立てをしてくるところもあるので、正規賃金業者だからと言って完全に信頼できるとは言い切れない部分もあります。

最近では口コミサイトや評価サイトを利用して、消費者金融の実態を知ることができるので失敗しない消費者金融選びのためにも、インターネットを活用して事前に情報を集めておくことをおすすめしますが、ネットヤミ金もあるのでインターネットの情報だけを鵜呑みにするのも注意が必要です。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ