専業主婦カードローンのよくある質問

キャッシングの利用条件と職業



(質問1)

私は専業主婦です。パートも何もしていないので収入はまったくありません。こんな私でもカードローンを利用する事ってできるのでしょうか?

(答え)
主婦に人気のカードローンの中でも、専業主婦の「収入がないんだけど・・・」という不安を解消してくれるカードローンを利用する人が増えています。 専業主婦はパートやアルバイトをしていないので、本人には収入がありません。 家事や育児を行っている専業主婦は、夫の収入だけが頼りですね。

本人に収入がない専業主婦は、カードローンを利用したくても収入がないことを理由に本人のカードローン利用を断られるケースがあります。 安定した収入があることがカードローンを作る最低条件だからです。 専業主婦の方は、この条件を満たしていないので、カードローンが作りにくい立場といえるでしょう。 けれども、銀行カードローンなら夫の年収や社会的地位によって専業主婦でも自分のカードローンを作ることも可能なので専業主婦の間では最近特に人気を集めています。 また、専業主婦にとって重要になるのは夫の存在です。 カードローンを利用しようにも夫の承諾が必要かどうかが、各社の人気を左右することになります。 うれしいことに、最近では夫の承諾が不要なカードローンが多いようです。 専業主婦の中にはお金のやりくりに苦労して、夫に内緒でカードローンを利用したい人も多いようです。そんな専業主婦の悩みに応えたのが夫の承諾不要のカードローンです。

これが本人が自由に使える収入がない専業主婦の間でカードローン人気が高まっている理由です。 今のカードローンは、夫が安定した職業や収入を持っていれば、承諾不要でカードローンを作れるシンプルな仕組みになっているので、お金に困ったときに是非検討してみてください。

(質問2)

専業主婦がカードローンに申し込む場合、夫の社会的地位や経済力が重視されると聞きましたが、どうしてですか?

(答え)
カードローンは基本的に収入がある人が、毎月の返済をすることで利益を出します。 これは正規雇用・非正規雇用に関係なく返済には一定の収入が必要だからです。 収入がない人はお金を返せる見込みがないので、カードローンの利用は難しいかもしれません。 専業主婦は家事や育児など家のために一生懸命働いていますが、会社からお金をもらっているわけではないので、無収入の扱いになります。

専業主婦がカードローンを利用するには、専業主婦のあなただけではなく夫も審査に加わらないといけません。 夫に返済能力があれば、配偶者である妻が専業主婦で収入がなくても返済能力があると判断されるからです。 けれども、夫が社会的地位や十分な返済能力があったとしてもブラックリストに夫や専業主婦である妻が登録されていると審査は難しくなります。 カードローンに限らず、キャッシングカード・消費者金融などの金融機関にとってブラックリストに登録されている人は返済能力に問題があると判断されるからです。 ブラックリストに掲載されるということは、過去に返済が滞ったり、自己破産などの返済がきちんと行われなかった人を意味しています。

金融機関において返済の滞りなどトラブルを起こす人は、再び同じ問題を引き起こすかもしれないので、審査がとても厳しくなります。 専業主婦の場合、本人がブラックリストに登録されていなくても、夫がブラックリストに登録されていればカードローンの審査は通過が難しくなるでしょう。

(質問3)

カードローンで借りたお金は何に使ってもよいのですか?カーローンや住宅ローンは借りた目的以外に使用できませんよね?それと使い道を聞かれたりするんですか?

(答え)
専業主婦にとってカードローンは普通のローンと違い、自由度が高くお金を借りやすい種類のローンです。 教育費のつもりで借りたカードローンを親の介護費用につかっても問題はありません。 住宅ローンや自動車ローンなどはお金を借りるときに申請した理由でないと問題になりますが、カードローンは住宅ローンや自動車ローンなどと違い、借りたお金を自由に使うことができるんです。

住宅ローンなど決まった時にしたお金を使えない各種ローンに対し、カードローンは幅広い生活の費用負担に使うことができるのが特徴となります。 そんなカードローンですが、申請時に利用目的を聞かれたり、申込書に記入したりします。 カードローンは自由度の高い金融商品ですが、ここで何に使うのかきちんと記入しなければなりません。 理由としてカードローンに相応しくない理由でお金を借りる人もいるからです。 カードローンは自由度が高い金融商品ですが、どんな事でも利用できるわけではないのです。

入院や教育費など専業主婦が頭を抱える理由なら問題ないですが、ギャンブルや水商売などに使うのは疑問が残ります。 審査のときにこうした事を防ぐのが狙いになります。 これらの問題をクリアすれば、申請時に出した理由以外でお金を使っても問題はありません。 教育費として借りたお金でも子供の急な入院でお金が必要になった。 これで問題になることはありませんし、金融機関に報告する義務もありません。

(質問4)

銀行カードローンと消費者金融のカードローンとの違いは何ですか?

(答え)
一番大きなものに、カードローンと消費者金融は適用されている法律に違いがあります。 消費者金融は貸金業や総量規制の法律規制を受け、お金を貸し出しています。 対する専業主婦に人気のカードローンを多く扱っている銀行系です。 銀行は貸金業ではなくので、消費者金融とは違う法律に縛られています。 銀行は貸金業法ではなく銀行業というもう1つの法律に則って営業をしています。 消費者金融は貸金業方や総量規制の法律の影響を受け、多額のお金を貸し出せないようになりました。

消費者金融は総量規制によって、年収の3分の1を超える借金をどんなにお願いされても貸し出せなくなったのです。 対する銀行は総量規制に関係なく、独自の審査でお金を貸し出すことができます。 消費者金融で審査落ちした人も銀行カードローンから借り入れられる可能性があるかもしれません。 また、最近専業主婦から人気を集めているのが銀行カードローンです。 銀行カードローンは金利も低めに設定されていて、専業主婦の負担が少なくなるのが人気の理由の1つですが、何といっても審査に通りやすいのが一番の魅力です。

ほかにも夫の承諾が必要なかったり、総量規制に関係なく自分の好きな金額を借り入れできるのも銀行カードローンの良い点です。 もちろん、銀行カードローンにはデメリットもあります。 審査が厳しく、即日融資ができない場合もある点です。 専業主婦にとって生活費などですぐにお金がほしいのに、一般的に銀行カードローンは審査に時間をたっぷりかけます。でも最近では、即日融資をウリにしている銀行カードローンも増えているので一度調べてみると良いと思いますよ。

(質問5)

旦那に内緒でカードローンを利用したいと思っています。でも郵送物が心配です。それと郵送物以外にバレる原因ってありますか?

(答え)
お金を借りたカードローンの会社から郵便物が届いてバレる可能性はほとんどありません。 カードローン会社は契約した人に送る自社の郵便物に対して、カードローンに関する内容だとわからないように送るからです。 キャッシングに使うカードや契約書類や利用明細書などが家族に見られたら大変ですから、カードローン会社はこうした対策をキチンと考えてくれています。

銀行をはじめ、金融機関の多くは郵便物の会社を金融機関だとバレないように、サービスセンターという名称で送ってくるからです。 夫に郵便物が見られたとしても、金融会社の広告やサービスが来たと思う程度でしょう。 中身を見られたらカードローンに関する郵便物だと分かってしまいますが、包装されている郵便物だけで専業主婦が内緒でカードローンを使っているは思わないでしょう。 専業主婦が夫に内緒でカードローンを申し込む場合、注意したいのは郵便物以外のものです。

まず、キャッシングカードや通帳の管理です。 キャッシングカードを何枚も財布に入れていたり、机のなにげなく置いておくと夫が不思議に思い、追求をしてくる場合があります。 また、通帳に融資や返済の履歴が残る場合を避けるため、ATMから現金で返済や借り入れを行う習慣を身に付けましょう。 もちろん、返済がきちんと行われなければ金融機関は催促状を自宅に送ってきます。 催促状も郵便物と同じようにカードローン会社名を隠し、夫にバレないように送ってくれます。 それでも同じ会社から何通も通知が来たり、家に連絡がくれば夫は不審に思い追求するかもしれません。

(質問6)

カードローンを利用したいと思っている専業主婦です。カードローン会社から夫の会社や自宅に電話がきてバレるのではないかと心配です。

(答え)
安心して大丈夫ですよ。心配なのは在籍確認の時ですか? 基本的に専業主婦向けのカードローンを扱っている会社に限らず金融機関の在籍確認は本人確認のために電話連絡をしてきます。 この時にカードローンの担当者にしっかり夫には内緒の旨を伝えておきましょう。 夫に内緒でカードローンを作っていることを伝えておけば、夫にバレる心配はありません。 担当者もカードローンを申し込んでくれた専業主婦を困らせるわけがないので、ワザとバラすような行動は取りません。

夫に内緒でカードローンを利用したいのであれば、そうした事情を考慮して最大限に今後も電話連絡をしてくれますよ。 事情を話せば、担当者はあなたの事情を最大限に尊重します。 夫の会社に在籍確認の電話を行う場合でもバレないように行動するでしょう。 基本的に夫の会社に在籍確認の電話を行う場合は、銀行から連絡したとは名乗りません。 電話をかけた人が個人名で在籍しているかを確認します。 電話を受け取った人は、銀行や金融機関がかけているとは思わないので、在籍の有無を伝えた後に電話は終了するでしょう。 もちろん、自宅にかかってくる可能性もありますが、専業主婦本人がでれば問題ありません。 もちろん、夫が電話に出た場合でも担当者が事情を知っていればバレないように電話で確認を行いますから安心して申し込むことができますね。

(質問7)

専業主婦がカードローンに申し込む場合融資額の上限が収入のある人と違う場合があるそうですが、いくらくらいまで借りることができますか?

(答え)
専業主婦本人が申し込めるカードローンは銀行が一般的です。 借りられるカードローンの金額は銀行によって差はありますが、一般的に30万円から50万円が相場になります。 正規雇用や派遣の人たちよりキャッシング枠が少なめに設定されていますが、これは専業主婦が自分で働いていない無収入なのが原因です。 収入のない専業主婦であっても夫が安定した職業に就いていたり、高い年収があれば銀行カードローンの申し込みが可能です。

しかし、申し込みができても本人に収入がない以上、夫がどんなに年収や社会的地位があってもカードローンを申し込んだ専業主婦は無収入という扱いを得ます。 カードローンはその部分もきちんと審査項目に入れますから、夫の収入だけが頼りなのでどうしても審査は厳しめになり、上限が出てしまいます。 銀行カードローンで融資額を上げる方法はキャッシング枠を増やす増額しか方法はありません。 専業主婦の場合、カードローンで借り入れできる上限は30万円から50万円ですが、それ以上の金額を銀行にお願いして、キャッシングの枠を広げてもらいます。 これを増額といいます。 増額できるかは銀行の判断で決まります。 銀行によっては初回契約者の増額をまったく行っていない場所もあれば、銀行口座や住宅ローン契約をしている人を対象にキャッシング枠の増額を行っている銀行もあります。 夫の給与の受け取りや水道光熱費の引き落としなど日常生活でよく使う銀行はキャッシングの増額ができるかもしれません。 キャッシング枠を広げる参考にしましょう。

(質問8)

専業主婦でもカードローンを利用している人が増えていると聞きました。みんなはどんな時にお金を借りているのでしょうか?

(答え)
お金を借りる理由は人によって様々です。 無収入の専業主婦でも簡単にカードローンでお金を借りられるようになりました。 生活費や教育費が足りなくなったという専業主婦ならではの悩みをもっている人もいれば、ギャンブルや美容、水商売など個人的な理由でお金を借りる人もいます。 ギャンブルや美容、水商売にのめりこんでしまい、毎月必要な生活費を圧迫し、生活費のためにカードローンを使っている人も専業主婦の中にはいるようです。

もちろん、全ての人がギャンブルのような個人的趣味でカードローンを利用しているわけではありません。 夫の理解があり、きちんと返済プランがあれば専業主婦にとってカードローンは力強い存在になるでしょう。 また、専業主婦の中には突然のトラブルによりカードローンでお金を借りなければならない人もいます。 夫の失業、親の介護、ボーナスの停止による住宅ローンの支払い滞りなど様々です。 それ以外にも癌など生死に関る病気が家族に発覚したり、交通事故で長期の治療が必要になりお金が必要になるケースも考えられます。 問題になってくるのは、こうした夫や家族の失業や介護、入院費用は長期的にお金が必要になることです。 生活を維持するために、カードローンに頼るしかないケースもたくさんあります。 専業主婦においては、教育費などの費用としてカードローンを利用する人が増えていますが、ほかにも失業や介護、病気など突然のトラブルでカードローンが必要なケースも増えているのです。

(質問9)

銀行カードローンでお金を借りたいのですが、返済プランをたてるときの注意点などはありますか?

(答え)
家計がどれくらいの返済能力を持っているか? 専業主婦として上手な返済プランを考えるときは、この言葉を常に頭に入れておきましょう。 返済能力は、収入や支出などのお金の出入りをチェックし、家計に入るお金と出て行くお金の流れを知る力になります。 専業主婦として、夫の収入状況に見合う返済能力でカードローンを利用しないと返済できず、将来的に自己破産など大きなトラブルを引き起こすかもしれません。

専業主婦として家計のやりくりを行い、夫の収入から生活費などの出費を引き、最終的に残ったお金で返済をしていかないといけません。 重要なのはギリギリで借りるのではなく、返済の余裕を持たせることです。 使えるお金の余裕があれば、病気や怪我など突然の出費も安心して対処できるからです。 カードローンの利用の前に重要なのは、上手な返済プランを立てることです。

専業主婦は会社から給料を受け取っているわけではないので、夫の収入から毎月の返済額を考えないといけません。 この時重要なのは、突然のトラブルをどう回避するか? これを年頭にいれて、返済プランを考えることです。 夫の会社の業績が悪くなりボーナスが出なかったり、子供が突然の事故で入院しなければいけない。 そんなトラブルが起きてもカードローンの返済は待ってくれません。 カードローンを利用するのであれば、突然のトラブルが起きても問題ない返済プランを考えなければいけません。

(質問10)

専業主婦です。私の信用情報が傷ついた時、旦那の信用情報に影響を与えたりしますか?

(答え)
専業主婦がカードローンを利用しても夫の信用情報には何も影響がありません。 クレジットカードやカードローンを作るときに重要になる信用情報機関です。 信用情報機関には、返済トラブルや自己破産などの行動を起こせば、ブラックリストとして登録され、カードローンなどの金融商品の利用が難しくなります。 この信用情報機関の個人情報は本人のみの情報が保管されます。 専業主婦の場合は専業主婦の情報だけが登録され、夫の情報には何も影響が起こりません。 収入のない専業主婦がカードローンを作る場合、夫に安定した収入や社会的地位があることが求められます。 その際、夫と専業主婦の信用情報機関が審査で使われますが、夫の信用情報には審査が行われるだけで、影響はありません。 専業主婦がカードローンの支払いを遅れたりしても、夫の信用情報に傷がつくことはありません。

(質問11)

私がいわゆるブラックかどうか夫にバレることはあるんでしょうか?

(答え)
信用情報機関に管理されている情報は簡単に知ることはできません。 原則として本人が請求することで、自分にどんな情報が書かれているのか初めて知ることができます。 原則として信用情報機関の開示請求は本人にしかできません。 妻が勝手に自分に内緒でカードローンを利用している疑いがあるからといって、夫が信用情報機関に妻に関する開示請求は認められないのです。

配偶者であっても本人の同意がなければ、開示請求を行い、どのような情報が書かれているのかを知ることはできません。 専業主婦によっては夫に内緒でカードローンを利用するケースもあるでしょう。 そうした場合でも本人でないと信用情報機関に開示はできないので安心して夫に内緒で申し込むことが可能です。

(質問12)

夫に内緒でお金を借りたいです。消費者金融と銀行カードローンだとどちらが内緒で借りやすいですか?

(答え)
無収入の専業主婦がお金を借りるには、夫の同意が必要になります。 返済能力がない妻に代わり、夫の収入で返済を行うことが保証されているので、金融機関は収入のない専業主婦でもお金を貸し出すことができるのです。 ただし消費者金融会社からは総量規制などの法律があり専業主婦では借りることができません。

また、基本的に専業主婦はアルバイトやパートもしていないので金融機関は安心してお金を貸し出すことはできませんが、銀行カードローンの中には夫に内緒でカードローンの申し込みを受け付けている場所があります。 消費者金融は夫に内緒でカードローンの申し込みをする専業主婦を相手にしないので、結果的に銀行カードローンに申し込むことになるでしょう。

(質問13)

専業主婦でも借りれるカードローン会社って沢山ありすぎて選べません。どんな点に注目して選んだら良いですか?

(答え)
収入のない専業主婦がお金を借りる場合、消費者金融ではなく銀行カードローンが基本になります。 銀行カードローンはほかの金融機関に比べて安心して借りられ、金利の負担も少なくて済みます。 まずは、専業主婦でも借りやすく、金利の低い銀行カードローンを探してみましょう。 また、金利が低いこともカードローンを選ぶポイントとして重要ですが、無利子期間があるかどうかもポイントです。 専業主婦がカードローンを利用する理由の1つとして生活費が少し足りないなど緊急の理由があります。 1週間以内にお金を返済するのに、利息がつくのはもったいない気もしますよね。 そこでお勧めなのが無利子期間があるカードローンです。

最近では、30日以内に返済すれば無利子で返済できるカードローンも増えているので選択肢として考えておきましょう。 さらに、お金のやりくりをする専業主婦の事情を考慮してくれるかも専業主婦が選ぶカードローンのポイントとして重要です。 お金を借りる理由は人によって違います。 夫に内緒で借りたい人もいれば、生活費の穴埋めに即日で融資してほしい人など事情は様々です。 夫に内緒でお金を借りたい人は、夫の承諾がなくても貸し出してくれる銀行カードローンを選ぶべきです。 また、すぐにお金を借りたい人は、限度額が少し低くてもすぐに審査を終わらせてくれる銀行カードローンがお勧めです。 銀行にもそれぞれ特徴があるので、チェックしてみましょう。

(質問14)

銀行カードローンを利用していますが2枚目のカードローンに申し込むことはできますか?

(答え)
収入のない専業主婦でも2枚目のカードローンを利用するのは可能です。 複数のカードローンを利用するときに考えなければならないのが総量規制です。 総量規制により、全ての人は年収の3分の1以上のお金を消費者金融から借りることができなくなりました。 結果として、年収のない専業主婦が消費者金融で複数のカードローンを利用できなくなったのです。

しかし、総量規制の制限を受けるのは消費者金融のみです。 銀行カードローンは総量規制に関係なく、独自の審査を行い、利用者にお金の貸し出しを行っています。 専業主婦は自分の収入がないため銀行カードローンの上限が決まっています。

その上限では足りないと思ったら、ほかの銀行で2枚目のカードローンを作ることも可能です。 専業主婦は消費者金融の利用は基本的に不可能になるので、2枚目のカードローンも銀行を頼ることになるでしょう。 配偶者である夫と十分に話し合い、2枚目のカードローンを利用するのか考えましょう。 2枚目の銀行カードローンを利用するときに注意したいのは、1枚目の返済でトラブルを起こさないことです。 返済が滞ったり、嘘の記述をすればほかの銀行カードローンの審査ですぐにわかります。 これは銀行カードローンが参考にする信用情報機関が関係してきます。 銀行を始めとする金融機関は信用情報機関で過去の金融情報を確認します。

信用情報機関には、返済時のトラブルも登録され、、カードローンをはじめとするキャッシングカード、住宅ローンなどの金融商品の利用も難しくなります。

(質問15)

お金をかりるのに重要な総量規制ってなんですか?専業主婦ということでなにか特別な制限などはありますか?

(答え)
総量規制とは、借りられるお金が年収の3分の1までの制限される仕組みを指します。 総量規制の例を挙げると、年収が300万円のサラリーマンの場合、総量規制によって年収の3分の1まで借り入れ金額が制限されます。 この例でいえば、年収300万円の3分の1である100万円がカードローンなどから借り入れられる上限になります。 総量規制が起きた原因は、過去に自分の年収を考えずにお金を借りる人が増えてしまったからです。

金融機関がからお金を借りて、最終的に返せずに自己破産を起こす人が増加し、その対策として年収を目安に上限を定める総量規制が誕生したのです。 総量規制の誕生により、お金を借りる人は上限が定められ、返済時のトラブルは減少したと言えるでしょう。 専業主婦が金融機関でお金を借りる場合にも総量規制は関係してきます。 総量規制により主婦はカードローンなどからお金を借りるのが簡単にはいかなくなったのです。 無収入の専業主婦は自分の収入がないので、夫の年収を証明する必要が出てきたのです。 昔は専業主婦が夫に内緒でお金を簡単に借りられたようですが、今は難しくなっているようです。

夫婦全体の年収から総量規制によって借りられるお金の上限が決まるので、こうした書類や審査は必須と考えていいでしょう。 最近では夫の同意や年収の証明書が不要の銀行カードローンも登場しました。 しかし、無収入の専業主婦なので総量規制の相場に従い、大きなお金は借りにくいのが現状です。

(質問16)

専業主婦で銀行カードローンを利用しています。離婚はどのように影響しますか?

(答え)
専業主婦が契約したカードローンは離婚してもすぐに停止するわけではありません。 カードローンを扱っている会社に離婚の申告することで今後も利用できるかが決まります。 専業主婦が申し込めるカードローンは少なく、銀行カードローンが主流です。 離婚が決まり、苗字が旧姓になったらきちんと契約した銀行に報告することが大切です。 この時に専業主婦だった人の審査が行われるからです。 銀行は再度、専業主婦だった人の経済状況を審査し、返済能力があるかチェックします。 離婚した元専業主婦の人でもすぐに仕事を見つけられた人はいいですが、何も仕事をしていない人は審査が通るのが難しく断られる可能性も出てきます。

無収入の専業主婦がカードローンを利用できていたのは、夫の収入が確保された状況だからです。 それがなくなり、収入の保証がないとカードローンの利用は難しいかもしれません。 そして離婚したら、カードローンで借りていたお金はどうするのでしょうか? 基本的に借金の請求をされるのはカードローン契約者である本人だけです。 離婚する前に専業主婦の名前でカードローンを作り、借金をした場合、借金返済の義務が生まれるのは夫ではなく専業主婦になります。 カードローンの申し込みで夫の経済状況を入力したと思いますが、それは夫に代理で返済してもらうことを銀行が期待したのではありません。 きちんと返済できる能力が夫婦にあるかを判断していたのです。

専業主婦がカードローンを利用する事情は生活費など専業主婦だけでなく家族全員で負担することが多いと思います。 離婚して夫婦でなくなったとしても請求されるのは契約した本人になります。

(質問17)

ブラックリストに登録されてしまったようです。どうしたらよいですか?

(答え)
専業主婦に限らず、信用情報機関にブラックリスト登録されてしまうと、どんなに社会的地位や経済力があったとしてもカードローンを始めとする金融商品の利用は難しくなります。 夫の収入に頼っている無収入の専業主婦はカードローンの利用がさらに難しくなるでしょう。 金融業界の世界では、ブラックリストに登録されるという意味は重大なことなのです。 ブラックリストは永遠に名前が残るわけではありませんが、消滅するのに長い時間が必要になります。 内容や金額などによって異なりますが、自己破産の場合は10年、返済時のトラブルや延滞であれば5年はブラックリストに登録されることになります。

一旦ブラックリストに登録されてしまったら、基本的に時間が過ぎるまで待つしかありません。 その間は、キャッシングカードやカードローンに頼らず、現金のみの生活を送ることになるでしょう。 銀行を始めとする金融業はきちんと返済してもらわないと、会社の利益になりません。 そうした意味では自己破産や延滞をする人は返済の問題で不安を感じさせてしまうのです。 ブラックリスト登録中にさらに闇金などでお金を借り、問題を起こせばブラックリストの消滅期間も延長します。 専業主婦に限らず、ブラックリストに登録されないように返済をきちんと行うことが重要になります。

(質問18)

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りる場合の大まかな流れを教えてください。

(答え)
銀行カードローンの申し込みは銀行によって若干の違いはありますが、それほど大きな違いはありません。 まず、インターネットや銀行窓口でカードローンの申し込みを行いましょう。 申し込みの段階で、夫の年収に関する必要書類や借りられるお金の限度額を確認しておくといいでしょう。 申し込みが終わったら、次に審査が行われ、合否の判定が行われます 銀行カードローンの審査は消費者金融などに比べ時間がかかるのが特徴的です。

お金がすぐに借りたい専業主婦の場合、審査は時間をかけて行われます。 審査がゆっくりでも大丈夫なように、時間に余裕をもって申し込みを行いましょう。 審査に通ったら、契約に入ります。 銀行によって違いますが、カードローンの契約には本人確認書類や収入証明書などの必要書類を郵送するのが基本です。

ただし、銀行カードローンの中でも即時融資をウリにしている会社もあります。 そのような会社は、審査時間も短く素早い対応をしてくれるので、すぐにお金を借りたい人はこのような会社を選ぶと良いでしょう。 忘れてはいけないのが、審査のスピードが速いからといって審査が甘いわけではないことです。

(質問19)

専業主婦が銀行のカードローンを利用する際に注意するべき点はありますか?

(答え)
専業主婦にとって銀行カードローンは強い味方になります。 消費者金融に比べ、安心・低金利でお金を貸してくれる。 銀行によっては配偶者の承認も必要ない。 そんな銀行カードローンですが、審査の厳しさや時間をかける部分が専業主婦にとって注意したいポイントになるでしょう。 銀行カードローンはいろいろな種類がありますが、共通しているのが審査に時間をかけることです。

お金を借りるのに便利な銀行カードローンですが、審査に時間がかかったり、厳しい審査で落ちてしまうことも視野に入れなければいけません。 銀行によっては審査の厳しさは違いがあります。 持っている銀行口座や住宅ローンなどを参考に銀行カードローンを選んでみるといいでしょう。

(質問20)

ママ友とのランチ会代のために銀行カードローン利用ってありだと思いますか?

(答え)
カードローンは基本的に借りたお金を自由に使うことができます。 専業主婦がカードローンで借りたお金でランチに出かけたり、ショッピングを楽しんでも基本的に問題ありません。 ママ友は子育てするうえで重要なコミュニケーションツールになります。 ママ友の関係が悪くなれば、子供づきあいにも影響が出るかもしれませんし、ママ友からの情報が入らない可能性もあります。 ギャンブルやエステなどに使うのは問題ですが、ママ友の食事会としてカードローンを利用するのは問題ないし、結構な数の専業主婦がそのような目的で賢く使っています。 ママ友たちとの食事会は教育や生活などの情報が得られる専業主婦にとって大切な場です。

そのための必要経費と考えられます。 しかし、目的に関わらずカードローンは借りたお金ですから決められた期限で必ず返済しなければいけません。 専業主婦は基本的に収入がなく、夫の収入だけが頼りです。 ママ友との食事会のためにお金を借りるのは問題ありませんが、返せるお金を借りないと破産してしまいます。 ママ友とのランチやショッピングは学校でのネットワークで重要な意味を持ちますが、家計に大きな負担を与えてまで利用するものではありません。 実際にママ友の輪から離れてしまうのが寂しくて、家計の返済能力以上のお金を借りてしまう専業主婦もいます。

返済能力以上のお金を借りても、カードローンの支払いはきちんと行わないといけません。 本当にその食事会はカードローンでお金を借りてまで行かなければいけないのか? 借りる前に考えることが大切です。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ