専業主婦カードローンの疑問点

申し込みに必須の個人使用情報

専業主婦のカードローンやクレジットカードや他のカードローンを利用する際に必ず個人情報というものが絡んできます。個人情報とは何かというと、業者は申し込みがあった際にその人の現状のカードの利用状況や借入などが無いかどうかを調べる事ができます。

その調べ先ですが、ある情報機関に登録がされておりその情報を照会しているのです。そのため、もしも、申し込みに明らかな虚偽がある場合はすぐにバレてしまいますし、同時に自分の信用性を低くさせてしまうのです。

この登録機関は3つあり、消費者金融系や銀行系、信販系がそれぞれどの登録機関を照会しているのかというのは、申込み前の説明事項に記載がされています。

では、この個人情報は何が書かれているのかというと、基本的な情報として氏名や生年月日、住所などとともにクレジットカードやカードローンの申込み状況や使用状況で、支払がきちんと行なわれているかということや延滞情報、完済情報などが登録されています。

ここで著しい延滞がある場合は要注意として、信用を激しく落としてしまい、専業主婦のカードローンでも断られる可能性が高くなります。俗に言うブラックリストですが、実際にはブラックリストというものはありませんが、個々に自己破産などで重大な事故情報がある場合を指すようです。

専業主婦カードローンを申し込む際には心配でしょうが情報登録にも期限があり、一般的には5~7年のようです。自己破産であると10年は残されていると言います。

自己破産と専業主婦カードローン

専業主婦カードローンのみならず、この不況下では最近カードローンや学生時代の奨学金の返済に困り自己破産を申請するという方が増えてきているようです。ご覧の方の中にも独身時代に自己破産をしてしまったが、今になって住宅ローンや専業主婦カードローンが利用できるのだろうかと心配になっているかもいるかも知れません。

ここでは自己破産とはどのような状態というのか説明をしてみたいと思います。 自己破産は、多くの方がそれとなくイメージを持っているかも知れませんが、全てを取られてしまうといったイメージがありますね。

確かに、裁判所で手続きを行ない執行されると持ち家や車などは全て債権として渡ってしまいますが、生活必需品は残されます。また、自己破産をしたら今の職場にもいられない、引越をしなければならないという噂もありますが、必ずしもそうとは限りません。

また、他者に知られるものでもなく勤務先などにも通知などが届くこともありません。しかし、官報というものには情報が記載されてしまいますので、今後10年間は新たなカードローンの申込みや各種カード、ローンが組めなくなりますが、この官報も一般人にはまず見ることはありませんので安心してください。

しかし、闇金融業者が官報を利用し勧誘すると言うケースがあるようなので、甘い話には注意です。専業主婦の方でもカードローンなどが利用できないと不便なところもありますが、気持ちを入れ替えてやり直すための期間と考えましょう。

20歳未満の専業主婦とカードローン契約

専業主婦のカードローンを考えている場合、同じ専業主婦でも若くして20歳未満で結婚をして専業主婦になられたという方もいることでしょう。その際、20歳未満の方でも専業主婦のカードローンは利用ができるのかという疑問があります。

答えとしては、多くのカードローン会社ではNGという回答が多いでしょう。しかし、親権者の同意にて可能と言う場合もあるようです。同じ専業主婦で世帯を持っているのに、未成年専業主婦のカードローンはどうしてダメなのでしょうか。

これは日本の法律によって定められおり、未成年ではあらゆる契約というものが自己判断では出来ないということになっています。そのため、契約となる専業主婦向けカードローンでは自分の判断で行なえないのですね。

申込み前の利用条件でもほとんどが20歳以上と定められているはずですので確認をしてみましょう。では、どこもダメなのかと諦めてしまいそうですが、結婚により成人として認められるケースもあるようなので一概にはいえません。

しかし、多くの場合は難しいでしょう。その中でも有力なのは実はクレジットカードです。クレジットカードはキャッシング枠というものが付帯されている場合があるため、一時的な利用であればクレジット枠を利用するというのもひとつの方法です。

しかし、利息も高いですから利用のしすぎは禁物です。専業主婦のカードローンは難しくても、クレジットカードであれば未成年でも可能という場合がありますので問い合わせてみても良いかもしれません。

もしも返済が滞ってしまったら?

専業主婦のカードローンに限らず、借りたお金はきちんと約束どおりに決められた時期に返済をしなければなりません。しかし、諸事情で返済が進まないなどで期日を守らなかった場合はどうなってしまうのでしょうか。

ここでは一般的な流れをお伝えしたいと思います。 まず、返済期日として約定日がありますが、その日を過ぎたらすぐに連絡が来るのかというと必ずしもそうではなく業者によりまちまちです。1日程度であれば忘れていたのかと大目に見ることがほとんどのようですが、それ以上であれば連絡やメールが来ます。

内容としては、期日が過ぎたが忘れていないか、返済が出来ない状況は何なのか等の確認です。最近では多くは携帯電話にかかってくるようですが、中には職場や自宅にかかってくることもあります。そうなると、お金を借りている事を知られるきっかけにもなりますので注意が必要ですね。

電話連絡後、更に約束を守らないまま3ヶ月ほど経ってしまえば事故情報として登録されてしまいますので、それは絶対に避けましょう。専業主婦のカードローンといっても特に条件が違うという訳ではありません。

借りたものは契約にて決められたとおりに返すことが前提ですから、約定日を過ぎないよう計画的に確実に返済ができるようにお金の使い方を考える事です。そうしなれば、専業主婦のカーロドーンの利用をきっかけに信用を落とせば、あらゆる場面で審査が難しいなどの不利な状況に追い込まれてしまいます。

返済の取立てに遭うの?

専業主婦のカードローンを利用する前に、なるべく家族に知られたくないと考える方は非常に多いものですが、その中でも、もしも返済が遅れたときはテレビドラマで観たような返済の取り立てが来るのではないかと不安になる方もいるかもしれませんね。

家族だけでなく近所や職場に迷惑をかけてしまうかもと恐ろしくなってしまいます。 この取り立ての行為は実際法律で厳しく規制をされており本来は禁止行為です。また、法律の改正で、より細かく厳しく制限をされるようなりました。

暴力行為や態度で押しかけることや嫌がらせの電話を自宅や職場にかける、時間を問わずに押しかけるという迷惑行為です。いかにも、ドラマで出てきそうな内容ですが、規制がされなかった昔は当たり前でしたが、そのほとんどは暴力団が絡んでいる業者です。

その業者もほとんどが闇金融業者と呼ばれているところです。闇金融業者は借りるのは簡単ですが、法外な利息や違法行為を平然と行なうため、甘い誘惑があっても絶対に乗らない事です。きちんと登録をして営業を行なっている業者ではまずもってこのような取立ては行いませんので、安心してください。

しかし、専業主婦のカードローンでも借りたときは良くても返済が遅れれば、規則にのっとって連絡はきますので、自分の信用のためにもきちんと約束どおりに返済をすることです。専業主婦はカードローンの申込みが限られますが、きちんとした営業を行なっているところを選びましょう。

話題のおまとめローンとは何?

専業主婦のカードローンでは縁遠いですが、カードローンの中にはおまとめローンというものが最近では人気があり、注目をされています。このおまとめローンとはどのようなものであるか紹介をしてみたいと思います。

複数のカードローンを所有し、月々の支払が厳しくなってきたという方もいるかも知れませんね。その中でおまとめローンはひとつにまとめて一本化し、月々の支払額を楽にしようというものなのです。複数の支払をしているとその分利息がそれぞれかかっていますので、大変無駄な支払となってしまいますね。

実際に利息ばかり払って元金が減っていないという状態の方も多いかと思われます。一本化をすれば、その分元金に費やせるので非常に効率よく返済ができることとなります。 おまとめローンではいくつかの商品があり、取り扱っている業者によりその違いはありますが、基本的には一本化が目的でそれ以外では利用ができません。

また、専業主婦のカードローンの状況によってはおまとめができない場合もあります。できればおまとめが必要なほどの借入は避けたいものですが、もしも利用の可能性がある場合は検討のひとつとしていれてみても良いでしょう。

その際は現在の利息とおまとめローンの利息をよく確認し、現在利用している専業主婦のカードローンの利息の方が低く有利という場合もありますので注意が必要となる場合もあります。利息計算でどちらが有利かしっかりと調べてから行動しましょう。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ