専業主婦カードローンの豆知識

家族に知られないように申込み?

専業主婦のカードローンはできれば家族に知られずにコッソリと申し込みを終わらせたいと考えている方も多いことでしょう。お金を借りるというのは、何故かあまり大々的に知られたくないというイメージが根強いので、家族にすら知られたくないという気持ちも自然と出てきます。

しかし、カードローンの申込みでは、ほとんどが必ずと言っていいほど自宅や職場先へ本人宛に電話連絡が来ることが流れとなっています。また、利用するローンカードなども郵送にすることで、自宅に送付をされればおのずと家族に知られてしまいますね。

1人暮らしであればそれほど問題は無いのでしょうが、多くは世帯を持っている方ばかりでしょうから、タイミングがよほど合わなければ家族の知らないうちに郵送物を受け取る事は難しいのではないのでしょうか。 専業主婦のカードローンで心配なのは電話連絡があったときでしょう。

丁度本人が出れば問題はありませんが、万が一、他の家族や職場の人が出てしまったときは分かってしまうのではないか?しかし、ほとんどの企業ではまず会社名を名乗る事はありません。個人名で必ず申し出てきます。

また、確認連絡の時間を指定出来る場合がありますので、そのときは自分が確実に出られる時間帯を決めることもできます。全企業が時間指定を設定しているわけではありませんが、もし気になるのであればそのような専業主婦のカードローンを取り扱っている会社を中心に検討をすると良いでしょう。

専業主婦がカードローンを申し込めるか

今までは専業主婦のカードローンを利用する時を前提として説明をしてきたものですが、果たして本当に専業主婦はカードローンを利用できるのか、非常に心配ですね。しかし、その心配もご無用です。

専業主婦でも専業専業主婦とパート務めなどの専業主婦などでも違いはありますが、どちらの場合でも利用ができる専業主婦向けカードローンは存在します。しかし、パート勤めの専業主婦は利用できるが専業専業主婦は利用が難しいというカードローンも存在はします。

申込みができる条件としての多くは、成人であり返済の能力があることが第一条件です。そのため、必然的に自分で収入を得ている方が申し込みには有利となってしまいますね。しかし、専業専業主婦でも最近では10万円くらいの小額であれば利用申し込みが可能というカードローンを取り扱っている会社が何社かあります。

利用額はかなり小額ですが、それでも申し込みが可能なのですから重宝しますね。夫など世帯主の収入が証明できれば借入も可能というケースもあるようですが、そうなると家族に申し込みが知られてしまうという可能性が高くなってしまいますね。

大きな額の利用を希望するのであれば、やはり収入を得ている専業主婦の方が有利ということになってしまいますし、利用ができる会社の幅が広がります。

しかし、専業主婦の方の多くは生活費をあといくらか補うための利用が大半ですので、かえって10万円ほどの小額のみの利用の方が後々の返済に苦しむことなく良いのではないかと思われます。

カードローンを断られる理由とは

専業主婦のカードローンはパートなど自分で収入を得ている方が有利のようですが、そのような条件を備えた方は全員利用ができるのかどうかというと、必ずしもそうではありません。中には専業主婦のカードローンの利用を断られる場合も少なからずあるようなのです。

今まで利用ができていたのに、ある日突然利用が制限されていたという経験をお持ちも方もいるかも知れません。 現在では専業主婦のカードローンを初め、多くはインターネット上での事前審査というものでまず可否決定をされることが多いですが、その段階でお断りをされてしまうという場合も多いです。

入力内容だけで断られるのですから、どの部分が問題だったのかというと、氏名などの基本情報からある機関に現在の状況を確認する事ができますので、そこで審査に気になる事項が記載されていたのかも知れません。

また、仕事をされている方は勤務状況や会社の状況により判断材料のひとつとして基準に達しているかを判断しています。突破ができれば電話による確認と詳細の状況を確認されますが、あまりにも年収が少ない、就職してから間もない場合は難しい可能性もあります。

また、今まで他のカードや携帯電話の支払が遅れたことが数回あると信用度が下がるというケースもあります。では、一度もカードを利用した事がない人はすぐに利用ができるのかというと、全く無いと信用度が測れないので業者が判断しにくく、利用ができても小額という場合もあるようです。

総量規制とカードローン

専業主婦のカードローンでぜひ覚えておいて頂きたいことに、総量規制というものがあります。これは何かというと、以前は消費者金融業者でも他の借入額に関わらず、ある程度の新規の申込みや利用ができていたのですが、この総量規制というものが法律で出来てしまってからは、収入に対しての借りられる金額の上限が決まってしまい、今までの借り入れ分がある場合、上限に達している場合は新規の借入申込みが出来なくなってしまったのです。この制限は年収の3分の1ということで決められています。

そのため、無収入である専業専業主婦の方の場合は全く利用が出来なくなってしまったという困った事態となってしまったのです。「じゃあ、専業専業主婦の私はカードローンが利用できない。」と焦ってしまいますね。でも大丈夫です。

この総量規制は消費者金融業者が対象となっており、銀行では賃金法には関係がないため総量規制の対象とはなっていないのです。そのため、専業専業主婦の方でも利用ができる専業主婦のカードローンは銀行系がいくつか名乗りを上げているようなので、確認をしてみましょう。

総量規制のため収入の上限をどのように定めるのかというと、現在はある借入額以上の場合は源泉徴収票などの収入証明の提出が求められています。また、他にも条件によってはそれ以下の場合でも提出が必要な事もあるようです。

銀行系は即日の利用は難しいかも知れませんが、上手く使い分ける事で専業主婦のカードローンの可能性も広がるでしょう。

急にお金を借りたい時は

専業主婦の方がカードローンを利用したいと考える時はどのような時でしょうか。初めて真剣に専業主婦向けカードローンを検討するキッカケの多くは緊急的な借入で、生活費の一部としてすぐにでも必要という場合が多いことかと思われます。

いざという時のために貯蓄があれば何ら問題は無いのですが、このご時勢では、臨時出費のための予備費を蓄えているというご家庭も少ない事でしょう。また、お金のことですから身内や周りに頼むというのも何だか気が引けてしまって、言い出せないという方も多いかと思われます。

しかし、生活費としての補填であれば支払の期日も決まっているでしょうから、大変焦ります。巷では即日融資という宣伝が多く見られ、そうなると専業主婦の方もカードローンを藁にもすがる思いで申込みを考えてしまうでしょう。

また、専業主婦のカードローンでも即日の利用ができるのでしょうか。 答えとしては、全く不可能ではありません。即日対応は消費者金融業者が強いですが、収入のある専業主婦であれば小額の対応は可能性も高いでしょう。

しかし、申込みの時間は出来れば午前中の早い時間に済ませた方が無難です。申込み順に受け付けていますから、すぐに返答が来るとは言い難く、加えて銀行口座振込を利用するのであれば14時までにはすべて契約まで完了できるよう、早めの行動が必要不可欠となります。

また、借入が他にもある場合や何らかの問題があると時間がかかる事もあるようですので注意が必要です。

気になる利息計算とは

専業主婦のカードローンを初め、お金を借りる時にはどの業者も利息の表示をされていますね。しかし、大きく利息は○%と書かれても、借入金額に実際どのくらいの利息が付くのかというのはハッキリ言ってよく分からないという方も多いことでしょう。

しかも、その利息の仕組みもよく分からず、返済の時に実際に表示された金額に沿って支払をするという流れと思われます。しかし、その中で明細を見ると意外にも初めの方はほとんどが利息ばかりで元金がちっとも減っていないという事実に衝撃を受けるかも知れませんね。

ここでは、複雑な利息計算の概要を、簡単に説明をしてみたいと思います。確かに、利息は低い方が元金は減りやすいのですがそうなると審査の方はスムーズに進まないという部分もあるようです。しかし、利息計算である程度の見通しが理解できれば不安も少なくなることでしょう。

この利息計算は専業主婦のカードローンだけではなく一般的なカードローンでも同じです。 表示をされている利息は1年借りた数字なので、この数字と利用した金額を掛け算します。そして、365日の数字で割ると一日の利息額、これに30日を掛けると一か月分となります。

期間が長くなればやはり利息も多くなります。そのため早く元金を減らす事が必要ですが、臨時の繰上げ返済をするなどして計画的に行なうことで余計な利息を払いすぎないよう専業主婦のカードローンも上手に利用しましょう。そのためには借りすぎないことも重要です。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ