キャッシングの基礎知識

昨今のキャッシング事情

キャッシングというのは、金融機関からお金を借り入れる際のカードローンサービスのことを指していますが、カードローンを利用してお金を借り入れることをキャッシングと呼んでいるため、カードローンとの違いが比較される場合がありますが、基本的にキャッシングとカードローンは同じものです。

昔はカードローンという名称もキャッシングという名称もありませんでしたが、カードローンやキャッシングという名称が一般的に普及するようになってからは利用する人も増えていると言われており、キャッシングの内容やサービスもどんどん進化を遂げています。 今でこそキャッシングという名称が普及するようになっていますが、昔はサラ金と言われた時代もあり、サラ金の利用によってお金が返せなくなり怖い取り立てにあうというイメージから、あまりキャッシングに良い印象が持たれていませんでしたが、消費者金融を中心にサラ金のせいで付いてしまった負のイメージを払拭するために、様々な取り組みをするようになりました。

それが功を奏して現在は昔に比べると消費者金融からの借り入れに対して負のイメージがあまり持たれなくなりましたが、性質そのものはキャッシングでもサラ金でも同じなので利用に関しては注意が必要です。 また、キャッシングを利用して多重債務になり債務整理をすることになったという例も少なくないので、きちんとお金の管理をするということもキャッシング利用には大事だと言えます。

進化を続けるキャッシング

昔に比べると確実に増えていると言われているキャッシング人口の割合ですが、キャッシングを利用する人が増えている背景に景気が悪いということが起因していると耳にすることがあるものの、景気の悪さだけではキャッシング利用率の上昇は理由が付かない部分もあります。

キャッシングというのは、取引に必要なカードを発行してもらってそのカードを使用してお金を借りて返済するのですが、このカードを発行してもらうためには、消費者金融の窓口に直接行って手続きをしてもらうのが一般的な方法だったため、特に女性は心理的にも抵抗心が大きく、なかなか積極的にキャッシングの利用をするというのが難しい環境でもありました。

しかし、キャッシングの利用にインターネットが可能になったことによって、これまでのキャッシング事情とは大きく変わることになり、一昔前までと比べるとキャッシングの利用が便利になってきました。 これがキャッシング利用率の増加に繋がっていると言われていますが、特に心理的に負担がかかりやすい女性は誰とも顔を合わせることなくキャッシングの申し込みができて、お金の借り入れができるようになったので、キャッシングの利用が昔に比べると容易になりました。 また、スマートフォンやタブレット端末が普及したことによって、どこでもインターネットが利用できるようになったことから、忙しい人でも手軽にキャッシングが利用できるようになったこともキャッシング利用が増えた理由とも言われています。

キャッシングの利用率

キャッシングという名称ができてからまだ比較的間もないですが、昔はキャッシングと呼ばれていたのではなくサラ金と呼ばれており、このサラ金はサラリーマンの利用が中心だったことでサラ金と呼ばれていました。

サラ金と呼ばれていたくらいなので、サラリーマン以外の利用率はかなり低く、消費者金融も基本的に収入が安定しているサラリーマンしかキャッシングの対象にしていませんでしたが、昔と比べて雇用形態が多様化したことによってサラリーマン以外にもキャッシングサービスを提供するようになり、キャッシングがサラリーマンだけのものとは言えなくなりました。

昔はキャッシング利用の大半を占めていたサラリーマンも、雇用の多様化が進み様々な職業の人がキャッシングを利用することになったことで、キャッシングの利用率はフリーターや主婦を中心に増えており、割合も大きく変わってきています。

また、学生を対象としたキャッシングプランも提供するようになったことで、フリーターや主婦だけでなく学生の利用も年々増えていますが、学生や主婦はそれぞれを対象としたキャッシングサービスができるほど増えています。 昔に比べるとキャッシングサービスを利用するまでの敷居も下がっていることから、抵抗心を持って利用する人が減っていると言われていますが、キャッシングを利用するということは借金をしているということだと意識することが大事で、意識の低い人ほど多重債務になるケースが多いので注意が必要です。

キャッシングとカードローン

キャッシングを語る上で欠かせないのが、消費者金融や銀行が提供しているカードローンサービスですが、キャッシングはカードローンと混同されがちで、金融機関もキャッシングサービスと謳っているところがあれば場所によっては同じ条件のローンをカードローンと呼んでいるところもありますが、キャッシングというのはカードローンを利用してお金を借り入れることなので、カードローンとキャッシングには明確な違いがあります。

そのため、キャッシングを利用するためにはカードローンの審査にクリアする必要があるのですが、カードローンの審査はカードローンサービスを提供している消費者金融や銀行によって基準が異なってくるため、これからキャッシングを利用するためにはカードローンの審査にも視点をおいて借り入れ計画を立てていく必要があります。

ちなみに、消費者金融や銀行が提供しているカードローン以外のローンで借り入れる場合はキャッシングという名称が使われないのが一般的で、基本的にキャッシングという名称はカードローンでお金を借り入れる場合だけキャッシングと呼ばれています。 カードローンサービスと言っても、最近ではインターネットでお金の貸し借りができるカードレスローンと呼ばれているローンもできているため、必ずしもローンの利用にカードが必要ということは無くなってきますが、カードレスローンの場合もお金の借り入れにはキャッシングという名称が使用されます。

キャッシングの利便性

キャッシングの利用率がどんどん上昇しており、それによって昔は個人向け融資に消極的だった銀行も積極的にキャッシングサービスを提供するようになりましたが、キャッシングの利用率が上昇しているのはキャッシングの利便性が大きく関わっていると言われています。

キャッシングの利便性でよく言われるのが、すぐに借り入れすることができるシステムで、基本的にキャッシングは申し込みから即日~翌日には借り入れができる環境が整っている場合が多く、急にお金が必要になった場合でも安心して利用することができるというメリットがあります。

これまでにキャッシングを利用したことが無い人はあまりイメージが湧かないと思いますが、キャッシングの利用方法は普通預金口座でお金を引き出すような感覚でお金を借り入れることができるため、機械音痴の人でも安心して自分でお金を借り入れることができます。

また、キャッシングには計画性が必要と言われていますが、この計画性に関してもインターネットの便利ツールを使用することによって簡単に管理することが可能になっているので、昔に比べると利便性が上がっています。 近年では金融機関同士の顧客獲得争いが激化していますが、この顧客争い激化のおかげで利用者はお得なサービスが受けられる環境が作られていると言われており、一昔前に比べるとキャッシングを利用することによるメリットも増えているので、キャッシングの性質を知って正しい利用をすることで利便性の高いサービスとなります。

キャッシングの危険性

キャッシングには危険性が潜んでいると言われていますが、キャッシングの危険性としてよく言われているのが、気付かないうちにどんどん借金が増えているというもので、多重債務のような借金問題のほとんどはこのキャッシングによってもたらされていると言われています。

ただし、キャッシングを利用するすべての人が借金問題を抱えるというわけではなく、人によってはキャッシングを便利に使って生活の役に立てている人もいるので、キャッシングの利用が必ずしも危険というわけではありません・ 他のローンサービスに比べてもキャッシングによる多重債務率はかなり高くなっていますが、これは他のローンが最初にまとまったお金を借り入れて後は毎月一定の金額を返済して完済を目指すのに対してキャッシングの場合は借り入れ枠内なら何度でも借り入れることができるため、返済が進まないという点があります。

そのため、キャッシングで借金を抱えないためにもキャッシングを利用する場合は借り入れよりも返済に対して力を入れる必要がありますが、効率的に返済を進めていくためにもキャッシングの計画を立てることは大事なことだと言えます。 キャッシングサービスはどんどん進化を続けていると言われており、昔に比べるとお金の管理も容易になりましたが、いくら管理が便利になったからと言って強い意志が無いと借金を繰り返してしまうことになるため、キャッシングの利用を検討する場合はこの点にも注意する必要があります。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ