専業主婦カードローンの種類

銀行系カードの専業主婦キャッシング

専業主婦の方がカードローンを利用する際には目に付いたものを深く考えずに申し込む事はやめておきましょう。専業主婦が利用できるカードローンには専業主婦に向いているものと向いていないものもあります。ここでは同じようなカードローンでも扱っている金融機関の違いについて説明をしてみたいと思います。

初めに身近にあるものとして、最近は地元信用金庫や大手の銀行が取り扱っているカードローンがあります。呼び方はいろいろあるようでフリーローンなどとも言われていることもありますね。仕組みは他のカードローンと変わりはありませんが、最大の特長としてはその金利の低さにあります。

高くても17%の利息という事が多く、金額も収入によっては数百万円の限度額が設定でき、尚且つ一桁台の利息という場合もあります。これは、テレビなどで宣伝をされている消費者金融業者よりも有利な条件ではあります。

また、銀行系カードローンは賃金法が改正された総量規制という、収入に対しての借入の規制の対象外となりますのでもう借りられないと思っていたら、意外と利用が出来る可能性が高まるという場合もあります。

とても魅力的に思われるのですが利息が低い等の好条件ということは、その分審査も少々ハードルが高いという場合が多いようです。そのため、全てではありませんが専業専業主婦が銀行系カードローンを利用したいと思っても、申込みが難しい場合もありますので、利用条件をよく確認することが必要でしょう。

信販会社系カードと専業主婦キャッシング

専業主婦のカードローンで利用がしやすいというところはどこの金融業者であるのか、考えてみると信販系でのカードローンは比較的可能性が高いという話もあります。信販系と言えば、クレジットカードなどで普及をしていると思われますが、その中にキャッシング枠というものが付帯されている事が多いですね。

専業主婦の方でも持てるカードであることも多いため、一番手っ取り早くお金を借りる事ができる方法なのかもしれません。現在であれば提携ATMも多く設置されていますから、一時的にすぐに小額を利用したいと考える時には便利なものでしょう。

しかし、便利さと引き換えに利息についてはやや高め設定ということが多いので便利だからといって、利用を重ねてしまうと返済が大変困難となってしまう場合がありますね。 また、一枚もまだカードを所有していない場合は新規で申し込みを行なうこととなりますので、手元にカードが届くまでには時間が少々かかる事がほとんどです。

大抵は一週間ですが、繁忙期などで申し込みが殺到してしまうと半月くらいはかかってしまう事もあるようです。専業主婦のカードローンの中では利用がしやすいものではありますが、便利さはさておき、一時的に借りてすぐに返せる額の範囲で利用ができれば問題はありませんが、利用のしすぎには注意が必要なもののひとつと考えても良いでしょう。

専業主婦のカードローンは他にもありますので、可能であれば他ものも検討をしてみると良いかもしれません。

消費者金融系での専業主婦キャッシング

テレビやインターネットで多く見かける宣伝のカードローンの多くは消費者金融業者と呼ばれる企業が多いですね。宣伝でよく見聞きするだけに、お金に困ったら「あそこに行ってみよう。」と考えるのも大手金融業者というケースも多いかと思われます。

以前は消費者金融と聞いたら何だか、イメージもあまり良くないという感じがしたのですが、最近ではすっかりイメージも一新されて明るく開けた感じに思われます。消費者金融業者はお金の貸し借りの専門ですから、そのノウハウはしっかりとされており、その強みを持って申し込みから融資までの時間が非常に短いという特徴が多いです。

また、申込み方法から利用までのプロセスにも何通りもの方法を用意し、利用する側の都合に合わせやすい柔軟な対応ができます。 しかし、専業主婦の方のカードローンの場合は申込みに注意が必要な場合があります。それは専業専業主婦の場合のカードローンでは利用ができない可能性が高いからです。

消費者金融業者は賃金法改正による総量規制の対象となっており、収入に対して利用限度額が設定されています。専業専業主婦の場合は基本的に無収入のため利用が非常に難しいようなのです。もちろん、パートなど職を持っている専業主婦の方は申込みできる可能性がありますので、条件を確認してみましょう。

職を持っている専業主婦のカードローンでも総量規制にかかるような額で他に借入がある場合は難しいこともありますので、注意が必要です。

注目のネット銀行系カード

現在では多くの世代の方が何らかの方法でインターネット回線を利用し様々な情報を得ていることでしょう。インターネットの普及と共に、大きく成長をした企業としてネット銀行があります。実際の店舗を持たずにインターネット上でやり取りできる銀行ですが、セキュリティが心配という方もいるかも知れません。

セキュリティはしっかりとしたノウハウがあり、余計な店舗経費がかからない分金利や振込料金などの安さと自宅にいながら対応ができるという便利さで人気があります。ネット銀行系のカードローンは今現在、急速に普及し注目を浴びているもののひとつです。

総量規制の対象とならず、消費者金融業者が利用できずに諦めていた専業主婦のカードローンでも利用が出来る可能性があります。金利に関しても消費者金融業者よりも低い傾向にありますので、返済も有利となります。実店舗を持ちませんから、対面での申し込みはほとんど無いでしょう。

申込みもインターネットから行ない電話でのやりとりが中心で、周りに知られる不安も軽減されます。返済も提携のATMなどが多くありますので、忙しい専業主婦の方でも安心ですね。もしも条件が大丈夫であれば専業主婦のカードローンとして検討のひとつに入れておきたいものです。

しかし、即日利用になるかというと、決してそうではなく数日から10日くらいはかかってしまうのも難点です。専業主婦のカードローンの利用の際は、その利便性を考えてから申し込みをしましょう。

専業主婦カードローンの利用が難しい時

専業主婦のカードローンは必要であれば誰でも利用ができるような気軽な宣伝で表示されている場合もありますが、実際のところ専業主婦のカードローンとして申し込みはしてみたものの、利用を断られてしまったという場合もあります。

お金を借りるには、まず申し込みから審査を無事に終わらせる事が必要です。では、どのような条件の方が審査の際に難しい状態となってしまうのか、一般的に考えられることを挙げてみたいと思います。

ついついやってしまいがちな事柄としては、本当に審査をしてもらえるのか、心配だから保険をかけて気になる業者にいくつか申込みをしてみようという考えです。これは大変条件を悪くするケースですので、心当たりのある方はその考えは捨てて申込み先を絞りましょう。

多く言われているのは3業者から上の件数での申込み歴がいっぺんにあると、申込みブラックとして断られてしまうようです。また、他の支払で期限を守らなかった人も要注意です。その他では専業専業主婦の方の場合です。

業者によっては専業専業主婦でも小額の専業主婦カードローンを受け入れてくれますが、全く不可という場合もありますので確認が必要です。カードローン会社は必ず個人の返済能力を確認するための登録機関へ問い合わせ確認をします。

そのため、これらの事柄が当てはまる場合は慎重に進めていきましょう。申込みについては半年ほどでその情報も消されるため、仕切りなおしは半年後が良いという話もあります。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ