専業主婦がお金を借りる方法

旦那さんに相談する

専業主婦がお金が必要となった場合に、一番先に相談する方法、お金を借りる方法としては旦那さんに相談するという方法です。これがもっともベストな方法であり、トラブルが少ない方法といえるでしょう。

というか、本来専業主婦は無収入で、旦那さんの給料で生活をしているのですから、何か欲しいものがある、お金が必要となった場合には、そこから出してもらうのが当然です。働いていないので、欲しいものがあっても旦那さんに相談しづらいという方もいるでしょう。

ですが、専業主婦はただの働かずにぐうたら過ごしているニートとは違います。家事や育児、時には介護も毎日休みなくおこなっているのですから、旦那さんの給料で買い物、遊ぶ権利があるとも言えるでしょう。

ただ、中には旦那さんがそれを理解しておらず、相談しても話に乗ってくれない場合もあります。また、家庭によっては、給料はすべて専業主婦が管理して旦那さんはわずか給料だけで生活しているというケースもあるでしょう。そうなると、いくら旦那さんに相談してもお金を捻出できないこともあるのです。

そして、旦那さんに相談してお金をだしてもらうとしても、それが仮に洋服であったり、生活費といった理由であれば問題ないかもしれませんが、ギャンブルに使うお金、必要以上の大金となれば、相談すらできないかもしれません。相談することで夫婦喧嘩に発展することも考えられます。

もしそういったケースでなければ、まずは旦那さんに素直に相談してみましょう。旦那さんの場合には借りるとはいっても、実際は返すお金がないのですから、返さなくてもいいので安心です。

両親・兄弟に借りる

専業主婦がお金が必要となった場合に、頼る方法としては旦那さんに相談するのがもっとも有効であり、当然と言えば当然です。ただ、ケースによっては旦那さんには相談できない、相談しづらいということもあります。

そして相談することで夫婦喧嘩に発展することもありますし、相談しても解決策にならないだろうと推測できる家庭もあるのではないでしょうか。

たとえば、旦那さんの誕生日などにサプライズでプレゼントしようと思っている時に、旦那さんからお金を借りるというのも難しいでしょうし、お小遣い制で少しのお小遣いしか旦那さんに渡していない家庭では、相談したところでお金を出してもらえるわけではないかもしれません。

また、パチンコなどに嵌る専業主婦も多いのですが、それにより生活費にまで手を出してしまうケースも少なくないでしょう。それなのに旦那さんにいつも「生活費が足りない」なんて相談すれば、どんな使い方をしているんだ、と疑問視されてしまうこともあるでしょう。

パチンコのためにお金を貸してほしい、なんてことも言えるわけがないでしょう。 そんな時に頼る方法としては、実の両親や兄弟に借りるという方法です。旦那には相談しづらいようなケースでも両親や兄弟なら話ができることもあります。

特に両親であれば、無利息でしかもある時払いでもOK、実際には返さなくてもいい場合もあります。ただ、両親も高齢になっていればお金には余裕はないでしょうし、兄弟に相談するにもそちらにも家庭があるでしょうから、そう簡単に借りられないこともあります。

友達に借りる

本来、専業主婦がお金を借りたいという場合、旦那さん、もしくは両親や兄弟、家族に相談してお金を借りるというのがベストです。とはいうものの、お金が必要になる理由によっては旦那さんはもちろん、両親や兄弟にも相談しづらいこともあるのではないでしょうか。

たとえば、洋服やバッグなど欲しいものがあった場合、自分の趣味のためにお金が必要という場合、なかなかそれが旦那さんや家族の理解を得られないこともあるのです。「そんなものに大金をかけなくてもいいのでは?」と諭されてしまうこともあるでしょう。

特に、パチンコなどのギャンブルで使用するという場合には、快く貸してくれる家族などまずいないでしょう。 そんな旦那さんや家族に相談できないようなケースでは、友達にお金を借りるという方法もあります。

家族には相談できない内容でも、友達なら気軽に相談できる、そして友達も快く貸してくれることもあります。特にお金が必要な理由がその友達も関係しているのであればなおさらです。仮にそれがパチンコで使うお金だったとしても、その友達もパチンコをしているのであれば、理解も得られやすいでしょう。

ただ、いくら仲の良い友達でも、お金が絡んでくると急に仲が悪くなってしまうこともあります。お金をなかなか返してくれない、それなのに高級料理を食べたり、旅行をしまくっている、ブランド品を購入しているなんてことが知られれば、一気に仲が悪くなることもあります。
ですので、友達からお金を借りた場合には、できるだけ早く完済するようにしないといけません。

専業主婦でも借りられるカードローンを利用

専業主婦は基本的に収入がないわけですから、お金を借りるという場合には、利息がかからない(おそらく)旦那さんや家族もしくは友達からお金を借りるというのが一番でしょう。とはいえ、お金が必要になる理由によっては、相談しづらい場合もありますし、当然お金を貸してもらえないケースもでてくるでしょう。

そして、個人間のお金の貸し借りはたとえ仲の良い人たちでもトラブルになることが非常に多いのです。それが仮に1万円だったとしても、トラブルにはなるのです。 ですので、人間関係を悪化させずにお金を借りるという場合、金融機関からお金を借りるのがベストでしょう。

とはいうものの、働いて収入があるわけではないので、専業主婦は基本的に融資の審査はクリアしにくいものです。場合によっては融資を申し込もうとした場合に、その時点で門前払いを喰らってしまうこともあるかもしれません。

そんな時には、専業主婦でも借りられるカードローンを利用するという方法もあります。専業主婦でも借りられるカードローンとは、その名の通り収入が一切ない専業主婦でも持てるカードローンなのです。消費者金融は総量規制の関係で無収入の専業主婦は借りることができませんが、銀行カードローンであればOKです。

しかも即日融資も可能なので、お金が必要となった時に申し込んでも間に合う可能性が高くなります。ただ、専業主婦でも借りられるカードローンに限ったことではないのですが、元金とともに利息も支払わないといけないので、あまり借り過ぎないようにしないといけないでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用

専業主婦がお金を借りる方法としては、銀行などの金融機関からお金を借りる方法がありますが、実はそれ以外にも方法があります。それがクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法です。クレジットカードというと、ショッピングの際に現金がなくても後払い、分割払いで購入できるという便利なものです。

家計簿代わりにもなりますし、ポイントがたまっていくものもあり、使い方によってはお得な場合も多々あるのです。実は、そのクレジットカードは、ショッピングで利用するショッピング枠の他に、現金を借り入れできるキャッシング枠もあるのです。

専業主婦がお金を借りる場合には専業主婦専用のカードローンを申し込むのが一般的ですが、それが必ずしも審査をクリアできるとは限りません。無収入なのですから審査が厳しいのは当然と言えば当然なのです。

ですが、以前に作っていたクレジットカードであれば、キャッシングするのに再審査を受ける必要がなく、すぐに最寄りのATMに行ってお金を引き出せるのです。ローンカードをもつ必要がなく、これまで通りのクレジットカードで使えるのもメリットでしょう。

ただ、それはあくまでキャッシング枠がある場合です。申し込みの時点でキャッシング枠も申し込んでいないと、当然キャッシングできません。これから新た申し込む場合には、審査を受ける必要がありますし、審査にも時間がかかってしまうので、今すぐお金が必要という場合には、ちょっと厳しいでしょう。

一般銀行ローンを利用

通常、お金が必要という場合には、銀行に融資を申し込むのがいいでしょう。そして、専業主婦収入が少ない、もしくは収入が完全にないのでしょうから、できるだけ金利は低いほうがいいものです。できるだけ支払い利息を少なくしたいという場合には、一般銀行ローンを利用するのが一番でしょう。

一般銀行ローンであれば、カードローンや消費者金融の半分以下の利息で借り入れできる場合もあるのです。ですので、できることなら一般銀行ローンがいいと思うことでしょう。 ただ、しっかりと定職に就いている方であればそれほど問題もないかもしれませんが、専業主婦の場合収入がない、少ないのですから、融資を受けられる可能性は極めて低いでしょう。

専業主婦でもパートやアルバイト、在宅ワークなどで収入がある方はいいのですが、まったくの無収入の専業専業主婦だと、より審査は厳しいものとなってしまうでしょう。そして、一般銀行ローンの場合、使用目的を説明しないといけません。

教育ローンやマイカーローンであれば可能かもしれませんが、それ以外の使用用途では審査がクリアできない可能性もあるのです。 もちろん、専業主婦は絶対に一般銀行ローンを利用できないというわけでもありません。

ですので、時間があるという専業主婦の方はまず一般銀行ローンを申し込んでみるといいでしょう。それでダメだった場合、もしくは今すぐお金を借りたいという場合には、専業主婦でも借りられるカードローンを申し込んでみるといいでしょう。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ