専業主婦のタイプと借りられるカードローンの種類

旦那に内緒で借りたい無収入の専業主婦

お金を借りたい専業主婦のタイプとしては、無収入でありながら、旦那にも内緒でお金を借りたいというタイプがあります。旦那さんにサプライズでプレゼントする、もしくはギャンブルなど旦那には話せない理由でお金を借りたいという方も多いでしょう。

無収入の専業主婦でも借りられるカードローンとしては、銀行カードローンに限られてしまいます。無収入の専業主婦には基本的に返済能力はありません。ですので、本来ならお金は貸せないのですが、旦那さんの収入を元にして貸してくれるのが銀行カードローンです。

ただ、旦那さんの収入を審査するわけですから、やはり旦那さんに連絡を入れることもあります。ですので、結果的に旦那さんに内緒で借りるつもりがばれてしまうのです。家族に内緒で借りるには、無人契約機などのある消費者金融を利用するのがいいのですが、無収入の専業主婦は消費者金融からは借りられないのです。

実は専業主婦向けの銀行カードローンには旦那さんに内緒で借りられるものもあります。もちろん、そんな時にも審査は旦那さんの収入、職業などを元にするのですが、旦那さんには知られることなく申し込みが完了し融資してもらえます。

ただし、銀行によってはカードの送付が郵送しかない場合もあるので、郵送されるタイミングによっては旦那さんにばれてしまうことも考えられます。そんな心配がある方は自動契約機でカードが発行できる専業主婦向けカードローンを選ぶといいでしょう。それなら旦那に知られずカード発行も可能です。

旦那も同意の無収入の専業主婦

無収入の専業主婦は自分だけでは返済能力はゼロです。そのため、本来なら金融機関からの借入はできないものです。ですが、専業専業主婦の方は旦那さんの収入で生活をしているのですから、旦那さんの収入、職業、職場などを審査して、融資をしてもらう事が可能です。

そういった方が利用する専業主婦向けカードローンとしては、銀行カードローンがあります。消費者金融の場合には、収入がない専業主婦には融資はできませんから、実質専業主婦がお金を借りるには銀行カードローンしかありません。そして旦那さんの収入を元に融資してもらう訳ですから、基本的には旦那さんにお金を借りることを同意してもらう事が必要になります。

もし、旦那も同意済みという場合には、多くの銀行カードローンを利用できます。もちろん、審査基準は金融機関によって異なりますから必ずしも審査をクリアして借り入れできるとは言い切れませんが、多くの金融機関に申し込みできるチャンスがあるので、借り入れできる可能性は高くなるでしょう。

とはいえ、旦那も同意で無収入の専業主婦の名義でお金を借りるということは、当然旦那さんの収入から返済していくことを旦那さんも了承済みということになります。ということは、何も専業主婦名義ではなく旦那さん名義で借入しても同じ事です。

むしろ旦那名義の方が多くお金を借りられるかもしれません。ただ、そうなると、専業主婦が自由にキャッシングできなくなってしまうでしょう。もし、頻繁に返済と借り入れを繰り返して行うようなら、やはり専業主婦名義の方がいいかもしれません。

パートやアルバイトで収入のある専業主婦

専業主婦と言っても、人によっては数時間のパートやアルバイトをして小遣い程度でも収入がある方もいるのではないでしょうか。最近では、パソコン等を使った在宅ワークも増えてきていますから、多くはないとはいえそういった何らかの方法で収入を得ている専業主婦の方もいるのではないでしょうか。

まったく収入のない専業専業主婦の場合、銀行の一般融資はもちろんのこと消費者金融からも借りられません。ですが、少しでも収入がある専業主婦の場合には、消費者金融からの融資も可能となります。しかも、無収入の専業主婦の場合には、旦那さんの収入を元に借りることになり、金融機関によっては旦那さんの同意書も必要になってきます。

ですが、収入のある専業主婦の場合には、自分名義はもちろん、自分の収入を元にお金を借りることになるので、旦那さんに内緒で借りることも可能になります。消費者金融からも借りられる可能性があるので、自動契約機を利用する事で即日融資、旦那に知られずに借りられるという訳です。

ただ、短時間のパートやアルバイトでの収入の場合、少額ですから融資できる金額も限られてしまいます。消費者金融は総量規制により年収の3分の1までしか借りられません。そのため月に5万円くらいしか収入がないという方は最大でも20万円までしか借り入れできないことになります。

もしそれ以上の借り入れをしたい場合には、やはり旦那さんの収入も審査してもらうしかないでしょう。そうすることで、少し多くの額を借りられるかもしれません。

近い将来無収入になる専業主婦

男性であれば、よほどの事がない限り仕事を辞める事はないでしょう。ましてや結婚している方は家族の生活のために嫌でも働かないといけません。転職をする事があっても、長期間働かずにいるという事はまずないです。ですが、結婚している女性の場合はそうではありません。

家庭の事情により仕事を辞めることも稀ではありません。例えば、妊娠・出産となると産休・育休ではなく、それを機に仕事を辞めてしまうという方もいます。また、家族の介護のために、仕事を辞めるという方もいるでしょう。そんな方は近い将来無収入の専業主婦になってしまうでしょう。

無収入の専業主婦がお金を借りたいという場合には、銀行カードローンからしか借りられない上に、高額融資も厳しくなります。そして旦那さんに内緒で借りるのも難しいでしょう。そんな近い将来無収入になる専業主婦は、実際にお金が必要となる前に、働いている時期にカードローンを申し込んでおくといいかもしれません。

それは銀行カードローンや消費者金融カードローンでも構いません。働いている段階で申し込みを済ませておけば、審査をクリアできる可能性が高くなります。

もちろん、本来なら収入が変わった場合には申し出る必要がありますが、現実的には申請しなくても問題ありませんし、知る由もないでしょう。 カードローンは、持っているだけでは借入とはなりませんので、利息もかかりませんし、年会費もかかるものではありません。いざという時に使えるものですので、無収入になる前に申し込んでおくと非常に便利です。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ